日本からカナダまで片道約45,000円でチケットGET!使えるサイトで賢くお得な旅を

スポンサーリンク

publicdomainq-0006457nnk

2017年1月、念願だったカナダワーホリビザがおりました。

カナダワーホリビザ申請後、3週間+4日で無事に「承認」の連絡が来ました!!!
カナダワーホリビザ申請後、3週間と4日後。 ようやく移民局からワーホリへ行くことの「承認」が得られました。

大体、3月中旬に出発しようと考えていたので、2月中も頻繁にプライスをチェックしていましたが、なかなか良いものが見つからず。

経験上、出発日に近いほうが安くGET出来ることもあるので、とりあえず3月になるまで待機。

そして、ついに3月。

安くてお得なチケットをGETするために検索開始。

な・なんと、片道約45,000円という破格のお値段でチケットをGETすることに成功しましたー(o^^o)

これは、ちょ〜お得!!!

スポンサーリンク

格安航空券を探すなら比較サイト

今回、わたしが使用したのはこちらのサイト。

Skyscanner

スクリーンショット 2017-03-02 16.46.31

格安航空券・お得な飛行機チケット予約 | KAYAK カヤック
KAYAKは多くの旅行サイトを一括検索することで、ベストな決断を下すために必要な情報を提供します。

スクリーンショット 2017-03-02 16.48.50

初めての方でも、簡単に検索することが出来ます。

検索の手順をまとめましたので、よろしければ参考に♪

格安航空券を探すならこのサイト!せっかくなら最安値でお得に旅を楽しんじゃおう
せっかく行くなら、安くてお得な航空券をGETしましょう!! ワーホリ・旅が大好きなわたしがおすすめする格安航空券比較サイトをご紹介しちゃいます♪
スポンサーリンク

「サプライス」で格安航空券GET!

検索した結果、「サプライス」というサイトが提示している航空券が最も安かったので、skyscannerからそこのサイトへ飛んで、チケットを取りました。

航空券予約 サプライス

チケットGETまでの流れ

skyscannerから飛ぶと、「サプライス」のサイトが開き、フライトの日程についての詳細を確認することが出来ます。

スクリーンショット 2017-03-02 17.14.10

乗り継ぎの回数や空港での待ち時間を知ることが出来るので、長時間空港で待つのが嫌な方は、検索結果で他のをチェックしてみましょう。

同画面で、料金も確認することが出来ます。

スクリーンショット 2017-03-02 15.31.15

注意していただきたいのは、ここに表示されている料金には、荷物の預かり等に掛かる料金は含まれていない場合があるということです。

その場合、予約する前に必ず航空会社のサイトやHPにて、荷物について確認することを強くおすすめします。

参考

【全65社】日本乗り入れ航空会社の受託手荷物サイズ・重量まとめ
飛行機に乗るときに気になるのが、無料で預けられる荷物の個数・重さ・サイズですよね。 今回は、日本に乗り入れている航空会社66社で、どれくらいの荷物を預けられるかをまとめました。

確認が終わったら、注意事項をよく読み、「次へ」をクリック。

スクリーンショット 2017-03-02 16.39.25

アカウント作成の画面に飛ぶので、アカウントを作成します。

スクリーンショット 2017-03-02 17.40.03

必要項目を入力しましょう。

保険は任意ですが、わたしはスルー。

オンラインクーポンも利用せず。

Pontaカードのポイントが使えることを知って、使ってみました。

4ポイントあったので、4円割引。

ゲオで使わないで残しておけば良かった〜と思いつつ、下へ。笑

スクリーンショット 2017-03-02 17.48.56

最終確認をする箇所がありますので、必ず確認しましょう。

一番間違ってはいけないのは、名前です。

パスポートと同じ表記になっているかどうか、苗字と名前が逆になっていないか、3回は確認してください。

スクリーンショット 2017-03-02 18.00.46

確認が出来たら、お支払いをクリック。え〜い(*≧∀≦*)

スクリーンショット 2017-03-02 18.01.07

くるくるまわりはじめるので、待機。

スクリーンショット 2017-03-02 18.02.48

じゃんッ(*^^*)

スクリーンショット 2017-03-02 18.07.10

この画面が出たら、無事にお支払い・予約が完了です♪

メールでしっかり確認

予約完了後、登録したメールアドレスにサプライスからいろいろとメールが届きます。

どれも重要な内容なので、しっかり確認しておきましょう。

お手続き完了のお知らせ

このメールが来れば、無事にお手続きが完了したということです。

スクリーンショット 2017-03-02 20.09.12

出発までの注意事項も記載されているので、しっかり読んでおきましょう。

スクリーンショット 2017-03-02 19.44.32

eチケットに関して(印刷必須!!!)

このメールが届いたら、手順に従ってeチケットを印刷しましょう。

スクリーンショット 2017-03-03 18.51.05

メールに記載のある通り進めていけば良いので簡単です。

スクリーンショット 2017-03-02 20.30.55

わたしは、出力方法1で出しました。

マイページにログインし、「予約内容」をクリック。

スクリーンショット 2017-03-02 20.18.19

表示されたページを下にスクロールしていき、「eチケット控えを印刷する」をクリック。

スクリーンショット 2017-03-02 20.20.32

印刷したeチケットは、当日パスポートと一緒に空港のカウンターへ提出する必要がありますので、大切に保管しておきましょう。

パスポートナンバー(登録必須!!!)

チケットを取った翌日、サプライスからパスポートナンバーを登録してくださいというメールがありました。

スクリーンショット 2017-03-03 15.46.06

早速、マイページから登録。

旅行者情報をクリックし、そこから入力すれば良いので簡単です。

スクリーンショット 2017-03-03 15.47.30

電子渡航認証システム(eTA)に関して(重要!!!)

カナダ渡航に必要なeTAに関してのメールも来ました。

スクリーンショット 2017-03-03 16.02.13

これは、人によって必要な人・不要な人に分かれます。

カナダの永住権を持っていたり、2015年8月1日以降に発行された有効な学生ビザ、ワーホリビザ、就労ビザを持っている人は、発行されたビザにすでにeTA情報が含まれているため、申請は不要です。

何もビザがなく、観光のためにカナダへ行く人には、eTAの申請・取得が必須となります。

詳しくは、こちらを参考にどうぞ!!

2017年カナダへ行くなら!パスポートだけじゃ搭乗不可!eTAを忘れずに申請しよう
今まで、カナダへの入国はパスポートのみでOKだった日本人も、2016年11月10日より、eTA申請が必要となりました。 eTAを取得していないと、飛行機に搭乗すら出来ません。 出発を控えている人は、事前に申請・取得することをおすすめします。
スポンサーリンク

ものすごく安ければ乗り継ぎや待機もあり!

日本からカナダのエアチケットを探しているとき、大体出てくるのが7-8万円くらいのものが多くて、乗り継ぎあるのに高いな〜と感じ、なかなか取れずにいました。

もっと安いの出るだろうと考え、待った結果出会えた、今回のチケット。

乗り継ぎや待ち時間など、デメリットに感じる方も多いかもしれませんが、特に急いでいるわけじゃなく、且つLCCの利用で長時間待機に慣れているわたしからすると、あまり抵抗はなく・・・

それよりも、日本からカナダが約43,000円で行けちゃうことに驚きを隠せません!!!

というか、かなり感動しています(*^^*)

時間に余裕がなければ、もう少し高くても早いのを選んだかもしれませんが、余裕があるので、今回はこれで行ってみようと思います。

中国は初めてなので、緊張します!!

が、これも冒険だと思って、どんな感じか体験してきたいと思いまーす★

体験して初めて、「他のにすれば良かった!!!」となるのか、「安くて良かった〜!!!」となるのかわかりますもんね!!

また、体験後報告しま〜す(o^^o)

サプライスで航空券を探してみる♪