2017年カナダワーホリビザ追加書類【IMM5257B_1セクション8】作成・提出の手順

この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

books-1845614_960_720

2017年1月8日に31歳のバースデーを迎え、ついにワーホリ申請が出来ない年齢となりました。(オーストラリアへのワーホリは35歳まで申請出来ますが、わたしはすでに取得&使用済みなので・・・寂しい!!!)

現在申請中のカナダワーホリビザが無事におりることを祈っていたわたしの元へ、日本時間1月10日早朝、カナダ移民局から1通のメールが。

開く前から予想はついていましたが、内容は2つのうちどちらかひとつ・・・

ひとつめ、ビザがおりたという連絡。

ふたつめ、追加書類を提出しろという連絡。

結果は・・・

後者でした。

スポンサーリンク

追加書類レターの内容を確認する

アカウントにログインすると、「Work permit」のところが「Your Action Is Required」となっています。

「Check status and messages」をクリック。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-10-3-27-40

追加書類が必要となった場合、表示された画面の一番上に「We need an additional document from the applicant」と表示されています。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-10-3-35-21

下へスクロールしていくと、このように表示されています。

「New Message」をクリック。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-10-3-40-13

「View this message」をクリック。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-10-3-42-18

書類がダウンロードされるので、内容を確認しましょう。

わたしの場合、このようなレターでした。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-10-8-22-55

「IMM5257B・1フォームのセクション8を記入してください」というもの。

提出期限が記載されているので、必ず守りましょう。

早速、文中の「www.cic.gc.ca/english/pdf/kits/forms/IMM5257B_1.pdf」をクリック。

ファイルが開かない場合の対処法

もし、下図のように表示された場合は、最新の「Adobe Reader」をインストールする必要があります。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-10-8-35-19

インストールは無料ですので、こちらを参考にインストールしてください。

Adobe Acrobat Reader DC Download | Free PDF viewer for Windows, Mac OS, Android
Download free Adobe Acrobat Reader DC software for your Windows, Mac OS and Android devices to view, print, and comment on PDF documents.

インストール後、きちんと表示されるようになります。

スポンサーリンク

書類を作成する

情報入力

上から順番に入力していきましょう。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-10-20-38-45

ここで引っかかるとすれば、UCIの部分でしょうか。

これは、移民局から送られてきた電子文書(ダウンロードしたレター)の左上に記載されているUCI番号のことです。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-10-20-46-47

恐らく、このように10桁の数字が記載されていると思います。

UCI:11-2345-6789

が、8桁しか入らないようになっているので、実際に記入するのは

23456789

のみとなります。

設問4-8は、それぞれ当てはまる方にチェックを。

「Yes」の場合、それがいつなのか記載を求められます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-10-21-04-07

わたしは今回、設問8番が「Yes」だったので、渡航した国・期間・目的を入力。

また、移民局からのメールに、

Please include your whereabouts from 2014/01/01 to 2014/12/01.

Please include the countries you have travelled to, resided in as well as you country of citizenship.

2014/01/01から2014/12/01までのあなたの居場所を含めてください。

あなたが旅行した国、市民権の国に住んでいる国を含めてください。

とあったので、それに従って記入しました。

各々レターの内容が異なる場合があるので、きちんと確認しましょう。

参考までに:わたしの場合

渡航した国・期間・目的を、新しい方から順番に記入していきます。

  • 2014年9月-2017年1月 日本 市民権のある国
  • 2014年6月-2014年7月 ニュージーランド 観光
  • 2013年7月-2013年8月 マレーシア 観光
  • 2013年7月-2013年7月 ブルネイ 観光
  • 2013年7月-2013年7月 シンガポール 観光
  • 2013年7月-2013年7月 インドネシア 観光
  • 2012年9月-2014年9月 オーストラリア ワーキングホリデー
  • 2012年9月-2012年9月→香港 飛行機乗継ぎ
  • 2012年7月-2012年9月→フィリピン 語学留学

そして、こんな感じになりました。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-10-20-13-50

下へスクロールし、赤枠部分をクリック。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-10-20-18-36

正しく入力が完了すると、このように表示されます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-10-21-12-53

任意の名前を付けて、保存しましょう。
スポンサーリンク

提出する

アカウントを開き、左下にある「View submitted application」をクリック。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-12-0-04-33

指示に従い、進んでいきましょう。

「Continue」をクリック。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-12-0-09-05

下図のように、「Optional Documents」という追加書類の枠が表示されています。

「Upload File」をクリック。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-12-0-15-27

申請したときと同様に、ファイルを添付してアップロード。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-12-0-39-30

「Success uploading file:ファイル名」と表示されたらアップロードは成功です。

「Return to your documents」をクリック。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-12-1-07-32

「Uploaded」となっているのを確認し、「Next」をクリック。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-12-1-10-49

今まで提出した書類リスト、今回提出する書類(未提出)リストが表示されます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-12-1-36-16

お支払い済みの手数料の記載があります。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-12-1-37-50

電子サインをして、「Sign」をクリック。

名前と苗字を逆に記入しないよう注意!!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-12-1-42-22

「Transmit」をクリック。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-12-1-48-24

このような表示が出れば、正常に提出が完了したということです。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-12-1-50-01

スポンサーリンク

アカウントを開いて確認する

アカウントを開き、「Work permit」を確認してみましょう。

図のように、「Submitted」と変わっていれば成功です。

「Check status and messages」をクリック。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-12-2-05-14

「Review of submitted documents」が「Provided」と変更になっていればOKです。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-12-2-06-51

左上のメッセージがゼロになっていることを確認し、「View submitted application」をクリック。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-12-2-10-27

「Next」をクリックして、先ほどの画面へ。

追加書類として表示された箇所が、「Provided」「Uploaded」となっていればOKです。

★アップロードしたあと、何らかの理由で再度アップロードした場合、「Replacement Provided」と表示されます。

それ以外は、ただ「Provided」と表示されます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-12-2-15-29

スポンサーリンク

ビザがおりるまで気を抜かないで!!!

移民局から新たな追加書類提出の要請があるかもしれないので、ビザがおりるまではしつこいほどアカウントやメールをチェックし続けましょう。

2017年、カナダワーホリに関して、移民局のチェックがかなり厳重になっている模様。

油断は禁物です!!