カナダでお仕事探し!ローカルのインタビューで私が実際に聞かれた質問ーワーホリ

スクリーンショット 2017-06-19 16.06.20

こんにちは!!

カナダワーホリ中のじゃすみんです。

今回、わたしはカナダのローカルの会社(カナダ企業)にて面接を受けてきました。

そこで、実際に聞かれた質問をまとめてみましたので、今後インタビューを受ける予定の方は、こんな感じのことを聞かれるんだ〜程度に、参考にしてみてください♪

*もちろん、これがすべてではありませんし、日本同様、職種・企業によっても質問内容は異なります。

あくまでも、ベース(基本)となる質問だと考えていただければ幸いです。

スポンサーリンク

カナダで面接!実際に聞かれた質問まとめ(ワーホリ)

質問1: なぜあなたはカナダに来たの?

これは、数ある国の中で、なぜあなたはカナダを選んだのか?という質問です。

カナダに来た理由、明確な目的がある方は、それを答えましょう。

特に理由がないという方はいないと思いますが、特に大きな目的はなく、「ただ来てみたかっただけ」という方はいると思います。

その場合でも、きちんと答えられるように、考えをまとめておくと良いでしょう。

質問2: なぜ前職を辞めたの?

これは、日本でもカナダ国内でも、前職がある場合に必ず聞かれます。

きちんとした理由、自分が面接をする側だったらどんな答えなら納得出来るかを考えつつ、答えましょう。

質問3: あなたが今まで経験した中で、一番楽しかったお仕事は?

これは、レジュメ(履歴書)をもとに質問される事項です。

あなたが今までで最もやり甲斐のあった、これは自分に合っている!大好きだ!と思えるお仕事について答えましょう。

質問4: あなたが今まで経験した中で、一番嫌だったお仕事は?

これも、レジュメ(履歴書)をもとに質問される事項です。

人には、得意分野・苦手分野があることを、相手もわかっています。

それを把握するために、また、面接を受ける側が自分で把握出来ているかを確認するために尋ねている項目です。

ない場合は、正直にないと答えて良いと思いますが、自分の苦手な部分をわかっている場合は、それを正直に答えましょう。

質問5: どんな人が苦手?

これは、一緒に働く従業員に対して、どんな人と一緒に働きたいか?働きたくないか?という質問です。

今までの経験をもとにして、自分の考えを伝えましょう。

質問6: どんな上司が望ましい?

これは、どんな上司とだったら働きやすいか?上司にはどうあって欲しいか?という質問です。

これも、今までの経験をもとに、理想の上司像がある場合は、正直に考えを述べましょう。

ない場合でも、自分の好きな上司、仕事がやりやすいと感じる上司像を答えましょう。

面接中、相手が自分の直属の上司となる場合、日本人は本人を前にして躊躇してしまいがちですが、自分の考えをしっかりと述べることは大切ですし、相手もそれを求めています。

何も意見がないほうがかえってマイナス評価となるので、遠慮なく自分の考えを述べましょう。

質問7: 問題にぶつかったときの解決方法は?

今までの人生で、自分が何かの問題にぶつかったとき、どのように解決してきたか、どのように解決するかを問われます。

これは、「例えばの例を出して説明して?」と言われる場合もあるので、答えられるように準備しておきましょう。

質問8: あなたのことを教えて?

これは、自分のことについて自分で説明を求められます。

何を話しても良い自由な時間となるので、遠慮なくアピールしましょう!!

ここで何も言えないと、相手の評価はかなり下がります。

これでもか!!というくらい、言い過ぎなくらい、自分について語れるようにしておくと良いでしょう。

こんな質問もされました!!

クレーマーに対する対応方法は?

接客に関わるお仕事の場合、お客様に対してどのように対応するか?というのは、日本同様、とても重要なポイントです。

特に、相手がクレーマーの場合、その人に対してどのように対応するか?というのは、雇用主にとっては大事な問題。

カナダでは、ちょっとのことで裁判沙汰になるからです。

このような質問をされた場合でも、自分の意見をしっかり述べられるようにしましょう。

ひとつだけ商品を購入したお客様への対応方法は?

販売のお仕事の場合、やはり売上げが大切になってきます。

その場合、ひとつだけ商品を購入したお客様に対し、他のものも一緒に薦めるか、薦めないか、薦める場合、どのように薦めるか?という内容の質問をされることがあります。

その場合でも、自分の意見や考え、理由をしっかり答えられるようにしましょう。

どんな質問がきても大丈夫なように準備を!!

日本同様、質問されてパッと答えられるほうが、相手への印象は良いです。

が、少し考えたあとでも、きちんと自分の意見や考えを述べることが出来る人というのは、相手も好印象を持ちます。

どんな質問がきても困らないよう、日頃から自分の意見を持つこと、はっきりと考えを述べることを意識して生活すると良いです。

健闘を祈ります!!!

カナダでお仕事探し!ローカルのインタビューで私が実際に聞かれた質問ーワーホリ
この記事をお届けした
ひろたびの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

役に立ったからシェア♪

気になったからフォロー♪

トップへ戻る