海外へ行く前にやっておいたほうが良いこと(留学・ワーホリ・長期滞在)

old-1130732_960_720

留学やワーホリで長期(1年以上)日本にいないなら、渡航前にやっておいたほうが良いことがあります。

実際にわたしがフィリピン留学やオーストラリアワーホリへ行く前に日本で行ったこと、次のワーホリに向けての準備で行っていることなどをまとめましたので、これから旅発つ人は参考になさってください。

スポンサーリンク

病院編

nasujrc-image1

歯医者へ行く

海外保険に加入していたとしても、どこの国でも対象外なのが、歯の治療。

少しの治療でも、多額な保険料を請求されてしまいます。

実際、わたしがオーストラリアワーホリ中も、虫歯がひどくなり帰国せざるを得なくなった人を何人か見ました。

せっかく来たのに、志半ばで帰らなきゃいけないなんて悔しい!!!と話していました(´Д` )

もちろん、虫歯は幾ら治療しても出来てしまう可能性があります。

が、渡航前に虫歯ゼロにしてから行くのと行かないのとでは安心感が全然違いますし、海外滞在中も虫歯にならないよう気を付けようと心掛けます!!!

なので、渡航前には必ず歯医者さんへ行き、虫歯ゼロの状態にすることをおすすめします。

また、もし現時点で親知らずが生えているなら、渡航前に抜いていくことをおすすめします。

歯医者さんに聞いたのですが、親知らずは歯ブラシで磨きにくく、虫歯になりやすい歯。

虫歯になると、他の歯よりも神経に近いため、痛みが強く、耐えられないとのこと・・・

わたしは、海外にいる間、親知らずが3本も生えてきて、帰国してから抜きました。

幸い、虫歯にはなっていなかったので虫歯の痛みは味合わなくてすみましたが、親知らずに圧迫されたせいで、幾つか歯並びが悪くなってしまった歯があります(つД`)ノ

美しい歯を保ちたいなら、親知らずは抜いて行ったほうが良いと、個人的には思います。

また、経験上歯医者さんてすごく混み合っていて、思うように予約が取れません。

治療が長引く場合も考えて、余裕をもって診てもらうことをおすすめします!!

産婦人科へ行く

これは、女性へ向けてのアドバイスです。

わたしは、個人的に生理痛がひどく、何かしらの病気だったらこわいので、渡航前に産婦人科で異常がないか診てもらいました。

また、生理中に服用するためのロキソニンを期間分もらってきました。

(当時、ドラッグストアでロキソニンが購入出来なかったため)

わたしの場合は2年分だったので、病院側も一気には出せず、2回に分けての受け渡しになりました。

また、オーストラリアで出会った女性たちは、ファーム中に生理痛でお仕事が出来なくなったら嫌だからと、日本の病院に相談してピルをもらってきていました。

自分の身体のことなので、自分で守るしかありません。

何か心配事があったり、服用しているお薬がある場合は、事前に受診し、長期海外へ行くことを相談すると良いです。

それを踏まえた対応をしてくださるはずです。

ちなみに今回、わたしは年齢も年齢なので、渡航前に子宮ガン検診と乳がん検診を受けることにしました。

たった1400円で子宮がん検診と乳がん検診が受けられちゃうって知ってた?
30歳になったら、一度は受けなきゃと思っていた子宮がん検診と乳がん検診。 ワーホリを計画していることもあり、受けておくことにしました。...

市から給付金が出るって嬉しいですよね!!

こうした市の制度をうまく使って、健康に不安がない状態で旅発ちましょう。

長期海外へ滞在するとなると、やはりご家族の不安は身体の健康です。

そして、ご自身にとっても身体の健康が一番大切です。

ご自身もご家族も安心して旅発つことが出来るよう、きちんと受診してから旅発つことを強くおすすめします。

追記:検診を受けてきました

実際に受診してみた感想です。

宜しければ参考になさってください。

ワーホリ行く前の準備として!子宮頸がん・体部がん検診を受けてきました!in 真岡市
長期で海外へ行くということで、女性として不安なのが女性特有の病気。 年齢も年齢なので、ちゃんと検査してから行きたかった為、市からの助成...

お手続き編

images

運転免許証の更新

通常、運転免許証の更新は、更新のハガキが届き、そこに記載されている期間内(自分のお誕生日の前後1カ月)に行うこととなっています。

<例>

1月1日お誕生日の場合、ハガキが届くのは11月後半、受付期間は12月1日から2月1日までの3ケ月間。

ただ、海外滞在中に有効期限が切れてしまう(失効してしまう)場合、通常よりも早く更新のお手続きが可能となります。

お手続き方法は、各都道府県の警察署または免許センターに確認してください。

失効してしまった場合

海外滞在中に運転免許証の有効期限が切れてしまった(失効してしまった)場合、失効から3年以内であれば学科・技能試験が免除され、失効した免許証・パスポート(その期間に海外に滞在していたことを証明出来るページ)を持っていくことで、「失効取り消し」の手続きを取ってもらえます。

ただし、帰国後1ケ月以内に申請しなければなりません。

失効から3年過ぎてしまうと、新規に免許を取得しなければならなくなりますので、注意が必要です。

国際運転免許証の取得

渡航先で運転をする予定のある人(もしくはしたい人)は、国際運転免許証を取得していきましょう。

もしも取得せずに渡航し、運転していて捕まった場合、高額な罰金または強制送還される可能性があります(国によって異なります)。

日本では、手数料2,400円(2016年12月現在)で取得出来ます。

詳しくは、こちらを参考に★

旅好き必見!!国際運転免許証の取得方法と運転出来る国(ジュネーブ条約加盟国)
海外へ行くなら、長期(1年間)滞在されるなら、旅をするなら、海外で運転出来るライセンス、国際運転免許証を取得していくことをおすすめします...

パスポートの有効期限を確認

ビザを取得する時点で、パスポートの有効期間が1年未満の人はいないと思いますが、2年以内の人はいると思います。

パスポートの更新は、期限が切れる1年前からじゃないと受け付けてもらえません。

例外で、パスポートの有効期間が2年以上ないとビザが発給出来ないなどの理由があり、それを証明する書類があれば可能ですが、基本的には1年前の受付となります。

もし、海外に滞在中に切れてしまう場合は、渡航先にある大使館での申請となります。

不安な人は、事前に渡航する先の大使館へメールで問い合わせてみることをおすすめします。

必要な書類・料金なども聞いておくと良いでしょう。

住民票を抜く(転出届を提出する)

長期(1年以上)海外へ滞在するなら、住民票は抜いて行く(転出届を提出する)ことをおすすめします。

詳しくはこちらを参考に★

海外へ1年以上長期滞在するなら!転出届を提出すべき理由と知っておくべきこと
日本に住んでいる限り、住民票を登録している都・市町村に住民税を納めなければなりません。 その額は、前年度の所得によって決まるので人それ...

携帯電話を止めるもしくは解約する

長期海外へ行く際、皆が決まってどうしようかと悩む問題のひとつが、携帯電話です。

以前、わたしがフィリピンへ留学・オーストラリアへワーホリをした際は、まだガラケーを使用していて、月々700円くらいを「番号維持金」としてキャリアにお支払いし、帰国したときに同じ番号が使用出来るような契約をしてから行きました。

その後、オーストラリアでスマホを購入、FBやライン・スカイプなど、無料で家族や友人と連絡が取れるツールが普及したこともあり、wifiさえあれば電話番号は不要だなと感じ、一時帰国の際にその契約を停止、同時に、キャリアの契約も解約しました。

帰国後は、SIMフリーのスマホにヤマダのSIMを入れて使用しているので、海外へ行く前にはその契約を解約し、SIMは郵送して返却しなければなりません。

このように、どこのキャリアでどんな風な契約になっているかによって各々対応が異なります。

ご自身の契約しているショップまたはカスタマーサービスにお問い合わせして確認しておきましょう。

きちんと説明を聞いて、一番良いと思う方法で対処しましょう。

海外へ行く前にやっておいたほうが良いこと(留学・ワーホリ・長期滞在)
この記事をお届けした
ひろたびの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

役に立ったからシェア♪

気になったからフォロー♪

トップへ戻る