野生なのに懐いてくれるワラビーに一目惚れ!!タスマニアクレイドルマウンテンにてー動画付き

s_照片 1836

オーストラリアには、野生のカンガルーの他に、たくさんのワラビーも生息しています。

ワラビーは、カンガルーと同じようにおなかに袋を持つ有袋(ゆうたい)動物で、見た目は似ていますが、大きさはカンガルーと比べると小さく、簡単に見分けることが出来ます。

kangaroo-173767_960_720

カンガルーよりも手足が短く、ジャンプ力も劣ります。

ただ、走るのがとても早く、近寄ろうとするとすぐ逃げられてしまいますので、動物園など行かない限り、まず触れることは難しい動物です。

wallaby-409710_960_720

そんな野生のワラビーに出逢える、そして触れることが出来る場所があります。

ただ、もちろん「絶対」とは言えません。

「可能性が高い」場所となりますので、悪しからず。

スポンサーリンク

タスマニア

オーストラリア本島の都市、メルボルンの南に位置する島、「タスマニア」。

この場所は、日本の北海道と同じ緯度にあり、夏は涼しく、冬は寒いです。

(季節は反対ですが)

大自然が残り、ここでしか見ることの出来ない動物がいたりと、本島とはまた違った魅力に溢れるこの島に、その場所はあります。

それがこちら、タスマニアの観光スポットのひとつ、「クレイドルマウンテン」です。

ここに、人にとーーーっても慣れた野生のワラビーが出没するのです。

野生のワラビーに触れよう!!!

クレイドルマウンテンは、ハイキングをするために多くの人が訪れる人気の観光スポット。

そこの駐車場に姿を現わすのが、このワラビーです。

s_照片 1839

はじめは、「えっ?!こんなところに?!」と驚くかもしれません。

普段、人が近付くとすぐに逃げてしまうワラビーが、たくさんの人と車がある駐車場に立っているのですから。

しかも、たった一頭で。

それにしても・・・可愛いですよね♪( ´▽`)

s_照片 1837

恐る恐る手を出してみると・・・

鼻を近付け、クンクンと匂いを嗅いでいます。

ワンちゃんのようです♪( ´▽`)

s_照片 1759

触れても、逃げません。

ただ、「なにもないのか・・・」と不機嫌そうです。

s_照片 1758

このつぶらな瞳がたまりません!!!

可愛過ぎて、連れて帰りたくなってしまいます。

s_照片 1836

毛の色は、本島のワラビーと比べると、濃い茶色です。

と、このとき。

身体をすごい勢いでチェックし始めるワラビー。

s_照片 1840

うしろもチェックしています。

人間が服の後ろをチェックしているかのようなこの動き。

見てて笑っちゃいます。笑

s_照片 1841

そのあと、すごい勢いで掻き始めたワラビーが可愛くて、思わず動画撮ってしまいました。

興味のある方はどうぞ♪( ´▽`)笑

このように、クレイドルマウンテンの駐車場には、人にとーーーっても慣れたワラビーが出没します。

これは、筆者であるわたしがラッキーなだけかと思ったら、結構「この子見た!!!」という人が他にもいたので、もしかしたらこの辺りに住みついているのかもしれません。

皆さんも、もしかしたらこのキュートなワラビーに出逢えるかもしれません。

タスマニアを訪れた際には、是非クレイドルマウンテン、そして駐車場へ足を運んでみてください♪

野生なのに懐いてくれるワラビーに一目惚れ!!タスマニアクレイドルマウンテンにてー動画付き
この記事をお届けした
ひろたびの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

役に立ったからシェア♪

気になったからフォロー♪

トップへ戻る