タスマニアデビルってどうゆう動物?かわいい顔なのにどうして「デビル」?

tasmanian-devil-606328_960_720

オーストラリアの南に位置する島、タスマニア。

ここは、大自然の宝庫で、たくさんの野生動物が暮らしています。

そこに、ここにしか住んでいない動物、「タスマニアデビル」がいます。

スポンサーリンク

タスマニアデビルとは

tasmanian-devil-185719_960_720

体調50-60センチと小柄で、キュートな顔をしています。

知らない人が多いと思うのですが、カンガルーやワラビーと同じ有袋(ゆうたい)動物です。

有袋動物・・・身体に袋を持っている動物のこと

ただ、タスマニアデビルの場合、袋はおなかではなく、背中に付いています。

それは、土を掘るときに袋の中に土が入らないようにするための進化だと言われています。

動物の身体って、本当にうまく出来ていますよね!!!

また、後ろ足より前足のが長く、動きが少しユーモラス。

夜行性のため、昼間はあまり見ることが出来ません。

なぜ「デビル」なの?

tasmanian-devil-802463_960_720

彼らは肉食で、自分よりも数倍体の大きなワラビーやウォンバットまで襲って食べることがあります。

野生のタスマニアデビルは凶暴で、「現在地球上にいる有袋動物の中で最大の肉食動物」と言われています。

そのことから、「まるで小さな悪魔のようだ」ということで、この名前が付きました。

特に、アゴがかなり丈夫で、どんなに硬いものでもガリガリと食べます。

もし野生で出逢うことがあっても、指など出さないようにしましょう。

きっと、ひとたまりもありません・・・

なぜタスマニアだけに生息?

tasmanian-devil-164509_960_720

以前は、本島にも生息していたそうなのですが、突然伝染病が流行り、絶滅の危機に陥りました。

「デビル顔面腫瘍性疾患 (DFTD)」(デビル癌)と呼ばれる、タスマニアデビル特有の癌で、繁殖時や食べ物の取り合いの時に噛まれたりすると、そこから伝染する病です。

頭部や顔面に多くがん細胞が作られることから、このような名前となりました。

そこで、絶滅の危機を回避するため、健康なタスマニアデビルだけを被害の出ていなかったタスマニアに移し、そこを繁殖の地としました。

やがて本島のタスマニアデビルは絶滅し、現在はタスマニアのみで人工飼育などが行われ、絶滅の危機は回避出来た、ということです。

タスマニアデビルに触れるなら

タスマニアにある保護センターや動物園でなら、彼らを見たり、触れたりすることが出来ます。(そのようなツアーもあります)

野生のタスマニアデビルと出逢うのは難しいかもしれませんが、決して無理ではありません。

昼間より夜の方が見付けやすいと思うので、タスマニアを訪れるなら、探してみても良いかもしれませんね。

ただ、彼らは興奮したり威嚇するとき、イタチのような悪臭を放つらしいです。

なので、匂いに攻撃されないよう、気を付けてください(*^o^*)

タスマニアデビルってどうゆう動物?かわいい顔なのにどうして「デビル」?
この記事をお届けした
ひろたびの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

役に立ったからシェア♪

気になったからフォロー♪

トップへ戻る