自分が誰かに発している言葉は、自分にも言い聞かせている言葉だった!

gf01a201503041700

先日、友人とラインをしていてハッとしたことがありました。

自分が送った文章を読み返してみると、それはすべて自分自身にも言い聞かせている言葉だということに気が付いたのです。

スポンサーリンク

自分が発する言葉は、自分への応援メッセージ

lgf01a201501241200

そのときの友人とのやり取りは、これから向かうべき自分たちの方向性についてでした。

わたしの友人は、これからどの方向へ進んだら良いのか、何を頑張ったら良いのかを必死に考えていました。

わたしもその状況に陥ったことがあり、友人の気持ちが痛いほどわかったので、何か力になれたらと思い、次の言葉を贈りました。

わたし
焦らなくていいんだよ。もう充分頑張っているんだから。
わたし
考えたり悩んだりしているときだって、きっとあたしたち前に進んでる!!
わたし
やりたいって思ってるだけで、もう半分は達成してる!! 

などなど・・・

(ちなみに、最後のは別の友人から教えてもらった言葉です)

どれもこれも、本当に友人のことを思いながら、励ましたくて言った言葉なんですが、あとで読み返してみたら、

「あれ?これって全部自分にも言ってない?」

ってことに気が付きました。

同じ状況を味わったからこそ、共感出来る

lgf01a201410302300

少し前まで、わたしもその友人と同じ気持ちを抱え、出口の見えない状況と闘っていました。

そのため、友人の気持ちが痛いほどよくわかったのです。

一度その状況や気持ちを味わうと、同じ立場に立っている人の状況や気持ちがとてもよくわかるようになります。

そのときも、まるで少し前の自分を見ているかのようでした。

そのため、友人に贈った言葉のはずなのに、知らず知らず自分へ向けて言っていました。

気持ちを共感出来るからこそ、そのような状況が生まれるんだと思います。

つらかったことも、すべて誰かの救いになる

今回、ラインの最後に友人がくれた言葉、

友人
◯◯◯(わたし)のことば、説得力半端ないね。ありがとう

この「ありがとう」によって、わたしは過去のつらい経験を味わって本当に良かったと思いました。

自分がつらい経験をしたり、忘れられないほど悔しい思いをしたとしても、それがいつか誰かの役に立ったら嬉しいですよね。

それが自分の大切な人だったら、尚更です。

わたしがつらい思いをしていたとき、わたしを救ってくれた友人の一人が彼女でした。

だからこそ、彼女からもらえた「ありがとう」が何よりも嬉しかったし、わたしも彼女に心からありがとうって思えました。

壁を乗り越えた過去があるからこそ、これから乗り越えようとしている誰かの力になれる。

心に寄り添うことが出来る。

これは、乗り越えた人の特権だと思います。

やっぱり、どんなにつらかったことでも、無駄な経験なんてひとつもないですね!!

励ましていたはずなのに、逆に元気をもらう関係

いつもそうなんですが、その友人とラインしたあとや逢ったあと、わたしはすごく清々しい気持ちになります。

励ましていたはずなのに、いつの間にか励まされているんですよね。

不思議です。

そんな友人なので、この壁を乗り越えると信じています。

ゆっくり時間を掛けてでも、自分の道を見付けることが出来る人なので。

自分が誰かに発している言葉は、自分にも言い聞かせている言葉だった!
この記事をお届けした
ひろたびの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

役に立ったからシェア♪

気になったからフォロー♪

トップへ戻る