ニュージーランドでおすすめの銀行はANZ!!口座開設に必要な書類と手順まとめ

ニュージーランドで口座を開設する際、どこの銀行が良いかワーホリしている人に聞き込み調査した結果、もっとも人気且つ便利なのがANZ(Australia and New zealand Bank)ということがわかったので、わたしもANZを選択。

実際に開設し、使用しています。

手数料など一切掛からず、ATMも見つけやすいので便利です。

口座開設方法(必要書類・手順)をご説明(*^^*)

これから口座開設する方は、参考になさってください♪



ANZ口座開設の手順

必要書類を用意

口座開設にあたり、銀行に持っていく必要書類があります。

パスポート原本

銀行でコピーを取ってくれます。

ワーホリの証明

移民局からメールで送られてきたEビザをプリントアウトして持っていきましょう。

住所証明

バックパッカーやホステルにステイしている場合、ホテル名と自分の名前が記載された宿泊証明を出してもらうことが出来ます。

ホステルにて、銀行口座を開設するために必要だと説明すると、無料もしくは有料で出してもらえます(わたしがいたホステルでは、1枚50セントで出してもらえました)

わたしがステイしたおすすめ格安ホステル

銀行でコピーを取ってもらい、原本はIRDナンバー申請に必要となるので、保管しましょう。

タックスナンバー

日本を出るときに住所を抜いたとしても、タックスナンバーはあります。

ニュージーランドで口座開設の際、そのナンバーを伝える必要があります。

もし、ニュージーランドに来る前にワーホリしていた国があり、タックスナンバーがあるとしたら、それを伝えてもOKです。

どうしてもわからない場合は、その理由を銀行側に説明しましょう。

そのあとは、銀行側の判断となります。

現金(口座開設後、入金する分として)

口座を開設し、入金すると、その場でIRDナンバー申請時に必要な書類を銀行側が作成してくれます。

入金する額は幾らでも良いですが、キャッシュで持っているより口座に入れてしまった方が安全なので、10ドルくらい残し、全額入れてしまっても良いと思います。

ちなみに

日本でのタックスナンバーを伝えたからといって、日本で税金が発生するわけではありません。

ニュージーランドの法律で、ニュージーランドで身元を確定させるため、母国でのタックスナンバーが必要ということです。

アポイントメントを取る

口座を開設する際、銀行側はひとりに対して1時間ほど時間を掛けるので、当日出向いてすぐに口座を開設してもらえることは稀です。

特にANZは人気の銀行なので、予約を入れる必要があります。

予約は、電話でも出来ますし、ステイ先のそばに支店があれば、そこに直接出向き、アポイントを取ることも可能です。

電話だとハードルが高い場合、後者の方法で予約を取り、その日時に必要書類を持って行きましょう。

予約を取った際、日時と同時に担当者に名前も告げられます。

忘れないようにメモを取っておくか、名刺をもらっておくと良いです♪

質問に答える

予約した日時に銀行へ出向き、そこで担当者と挨拶を交わします。

個室に案内されるので、そこで担当者の質問に答えていきましょう。

ニュージーランドは、移民の方も多いですし、日本人も多く住んでいるため、日本人だとわかると日本語で挨拶をしてくれたり、英語をゆっくり話してくれたりと、とてもフレンドリーで優しい方が多いです。

緊張するかもしれませんが、ひとつひとつ言われた書類を提出し、質問に答えて行けば大丈夫です。

ちなみに

質問の中で、口座のパスワードと、カードを利用する際に使う暗証番号4桁をパソコンに打ち込むように言われます。

すぐに対応出来るように、事前に決めておくとスムーズです。

パスワードと暗証番号は、その後ずっと使います(もちろん変更も出来ますが)。

忘れないように、どこかにメモっておきましょう。

作るべきアカウント

ニュージーランドでは、オンラインバンクが主流です。

オンラインバンクは、ネット上で自分のお金が管理出来るので、大変便利です。

恐らく、銀行の方にもすすめられると思いますが、以下の2つのアカウントを作ると良いです。

Go Account(ゴーアカウント)

Online Account(オンラインアカウント)

ゴーアカウントは、遣うお金を入れておくアカウント、オンラインアカウントは、貯めるお金を入れておくアカウント、というイメージです。

詳細は、こちらを参考にどうぞ♪

現地の銀行口座を開くメリット、銀行窓口での英会話例、口座開設に必要な書類、おすすめの銀行口座など、ニュージーランドの現地銀行であるANZ銀行の口座開設テクニックを公開しています。ANZ銀行で口座を開く際の必要書類はパスポート、現金、またお持ちならばクレジットカードを用意します。

ちなみに

ANZは、VISAデビットカードを作るのに、1年間で10ドル掛かります。

VISAデビットカード・・・支払いと同時に口座から引き落としが出来るカードのこと

オーストラリアやカナダでは無料で作れるので、ニュージーランドは有料なんだとびっくり。

必要ないなら作る必要はないですが、これがあるとホステルの予約やフライトチケットをオンラインで購入出来るので大変便利!

ニュージーランドで貯めたお金で、ニュージーランドライフを送りたいのであれば、VISAデビットは必須です。

1年間で10ドルは安いと思うので、作っておくことをおすすめします♪

IRDナンバーに必要な書類をGETしよう

口座開設後、担当者の方がATMの使い方を教えてくれます。

その際、用意した現金を入金し、出金する作業を行います。

その際に発行される書類が、IRDナンバー申請に必要となるので、もしも担当者がそれをしてくれなかったら、自らお願いしましょう。

恐らく、ほとんどの担当者が把握して、やってくれることだと思うのですが、気の利かない人も中にはおりますので。

念のため、その作業が必要だということは、覚えておきましょう。

アプリを取る

口座の開設が完了したら、スマホでANZのアプリを取りましょう。

担当者の方に聞くと、どのアプリをインストールするか教えてくれます。

アプリを入れておくと、常にお金の管理がネット上で出来るため、便利です。

ちなみに

スマホの設定上、アプリのお店が日本の設定になっていると、ニュージーランドのアプリをインストールすることが出来ません。

その場合、ブラウザでANZと検索し、表示された画面をブックマークしておくと次回使うときスムーズです。

口座開設が完了したら、次のステップへ♪

ここまでで、口座の開設は完了です。

次は、ニュージーランドで働くために必要なIRDナンバーの申請をしましょう。

ニュージーランドで働くなら必須!!IRDナンバーを取得しようー申請から取得までー
ニュージーランドで働くにあたり、IRDナンバーが必須となります。 このナンバーがないと、働くことが出来ません。 申請から取得までの手...
スポンサーリンク
ニュージーランドでおすすめの銀行はANZ!!口座開設に必要な書類と手順まとめ
この記事をお届けした
ひろたびの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

役に立ったからシェア♪



トップへ戻る