カナダワーホリビザがいつおりるか不安な人へ!先に観光ビザでカナダへ入国するのもアリですよ

lgf01a201405312000

2016年から、カナダのワーホリビザ取得方法が変更となり、抽選に当選しない限り申請自体出来なくなってしまいましたね。

そのことから、カナダへのワーホリを検討していた人も、一体いつビザがおりるのか全く予想がつかない展開に戸惑っている人も多いのではないでしょうか?

何しろ、「応募→当選→申請→審査→取得」の「応募」の後から予定がわからないので、困ってしまいますよね。(年齢制限もありますし・・・)

そんなあなたに、こんな方法もありますよーってことで、ご紹介します。

それは、「ビザを切り替える」という方法です。

ただし、この方法はすでに「カナダへワーホリビザ申請中」の人は絶対にやってはいけません。(理由は以下「この方法を使えない人」を参照)

スポンサーリンク

ビザを切り替える

半年勉強、1年間働けます

日本人は、パスポート・日本へきちんと帰国する証明となるエアチケットさえ持っていれば、特別なビザは不要で、「観光ビザ」というかたちで半年間カナダに滞在することが出来ます。

そのため、この方法を使えば、ワーホリで滞在出来る期間1年+観光ビザで滞在出来る期間半年=合計1年半カナダに滞在することが出来てしまいます。

観光ビザでは語学学校に通うことが許可されている(就労は一切禁止)ので、半年間観光ビザで語学学校へ通い、その後1年間ワーホリビザでたっぷり就労する、ということも出来てしまいます。

1年以上カナダへの滞在を希望される人にとっては、大変お得な方法です♪

この方法を使えない人

現在、すでにカナダへのワーホリビザを申請中の人が観光ビザで入国しようとすると、「もしかしたら働くことを目的として来ているのではないか?」と疑われ、別室で質問されたあと、入国を拒否されることがあります。

オンラインで申請可能となっているため、絶対に隠し通すことは出来ません。

そのとき、半年間語学学校へ通うためだと証明出来る学校の資料や領収書、本当に観光目的のために来たことを証明出来る「何か」(カナダ国籍の恋人の連絡先、関係性を証明する写真を提出し、実際にその人に連絡を取ってもらって、働く目的がないことを証明してもらうなど)を提出することが出来れば入国出来る場合もあるそうなのですが、無理だと日本へ帰らされてしまうトラブルが増えています。

そのため、すでにカナダへのワーホリを申請中の人は、この方法を絶対に使用しないでください。

ただし、Pool登録しているのみで、当選していない状態の人ならOKです。

ビザ切替申請の流れ

観光ビザからワーホリビザへの切替は、いかなる場合でもカナダ国外で行う必要があります。

そのため、必ず一度はカナダを出国しなければなりません。

日本へ一時帰国する場合、日本のカナダ大使館にてビザの切替手続きをします。

その際、一からワーホリビザを申請するわけではなく、「観光ビザからの切替」なので、何もないときよりもすんなりワーホリビザがおりやすい、と言われています。

そして、最も人気のある(多い)方法は、隣国であるアメリカへ出国し、国境寄りの移民局でビザの切替手続きを行う方法です。

資金が必要・・・

日本で行うにしてもアメリカで行うにしても、すぐに手続きが完了するかどうかは担当になった「人」によりますので、確実に「いつ」ビザがおりるのかわかりません。

また、アメリカで切替手続きを行う場合、アメリカへの入国料・滞在費が掛かりますし、日本への帰りのチケット分が無駄になります。

観光ビザで入国した場合、いかなる就業もしてはいけないことになっています。

インターンシップやボランティアも禁止されています。

そのため、観光ビザを使用するなら通常ワーホリへ来るよりも多めの資金が必要となります。

強制送還にならないために

観光ビザで就業しているのを通報された場合、不法滞在となり、日本へ強制送還されます。

その後、カナダへの入国も制限されます。(何年か入国出来ない年数が設けられます)

そんなことになったら、ワーホリどころの話じゃありません。

年齢がギリギリの人は、ワーホリ自体諦めなければならなくなります。

悪いことは、バレないと思ってもバレてしまうものです。

お金がなくて働きたくなっても、一時の感情で動いて、「夢」や「目標」を失わないよう気を付けましょう。

資金が不安な人は、やはりワーホリビザを取得してから渡航することをおすすめします。

申請のタイミング

観光ビザでカナダへ入国した場合、パスポートにスタンプが押され、そこに日付が記載されます。(その半年後まで滞在することが可能となります)

ワーホリビザに切り替えるなら、滞在可能期日の1カ月くらい前(観光ビザで滞在5カ月目くらい)に切替の手続きを取った方が良いでしょう。

待つよりも動いてみるのも「手」

lgf01a201409121500

いかがでしたか?

まぁ、このような方法もあるということで記載しました。

ただ、いかなる場合でも、確実にビザが取得出来る保証はないし、それは「運」だとわたしは思っています。

それでも、日本で待っていたとしても、同じことですよね?

「待っている」ことには変わりはないのですから、ただじっと日本で待っているのが嫌な人は、自ら動き出してしまうのも「手」です。

1年半滞在したいだけなら

canadian-flag-1229484_960_720

先ほどと逆で、ワーホリから観光ビザへ切り替えることだってもちろん出来ちゃいます。

この場合は、カナダ国内で申請すること・オンラインで申請することが可能です。

申請のタイミングは、余裕を持ってワーホリビザが切れる2カ月くらい前にした方が良いでしょう。

また、観光ビザへの申請は繰り返し可能ですが、回数を重ねるごとに審査が厳しくなるので注意しましょう。

ワーホリ中にたっぷり働いてお金を貯めて、残りの半年は思いっきりカナダ中を旅したり、語学学校へ通ったり、自由に過ごすことが出来ます。

(わたしはこっちを目標としています)

資金があり、先に観光ビザを使ってカナダへ入国し、ワーホリビザに切り替えるのか。

日本でワーホリビザを取得し、働いてお金を貯めて観光ビザに切り替えて楽しむのか。

どちらにせよ、カナダの観光ビザは使い方次第で便利なので、使わない手はないと思います。

皆さんも、上手に使ってカナダを楽しむプランを立ててみてくださいね♪

カナダワーホリビザがいつおりるか不安な人へ!先に観光ビザでカナダへ入国するのもアリですよ
この記事をお届けした
ひろたびの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

役に立ったからシェア♪

気になったからフォロー♪

トップへ戻る