無犯罪証明書(Police Check)の取得方法ーカナダワーホリビザ申請(追加書類)

cop-1016218_1280

カナダへのワーホリビザを申請するにあたり、過去5年以内に市民権を持っている国以外の国に半年以上滞在したことがある場合、カナダ移民局から追加の書類が求められる可能性があります。

特に、オーストラリアへワーホリ歴のある人は、「無犯罪証明書」(Police Check)の提出を求められる可能性が高く、期限内に取得出来なかった為に申請が却下になる場合もあります。

スポンサーリンク

無犯罪証明書は早めに準備しよう

無犯罪証明書(Police Check)ってなに?

過去5年以内に、カナダの定めた国(ベルギー・フランス・日本・メキシコ・スペイン・スイス)以外の国に1年以上滞在したことがある場合、かなりの確率で提出を求められる書類で、その国で犯罪を犯していないかを証明する書類となります。

この書類を発行するには、オーストラリアドルで42ドル(2016年6月現在)掛かります。(お支払いはクレジットカードで行う必要があります。)
申請中、ブラウザによっては途中フリーズする可能性があります。

わたしの場合、chromeを使用して申請していたらフリーズし、最後まで出来ませんでした。(safariでトライしたら最後まで行けました)

なので、フリーズしたらブラウザを変えてみることをおすすめします。

申請の手順

まず、こちらから公式ページにアクセスしましょう。

画面中央にある「Application portal」という表記を探し、その下をクリックしましょう。

スクリーンショット 2016-06-01 4.41.46

Googleだと、日本語に翻訳されたバージョンが出ます。

スクリーンショット 2016-06-01 4.43.46

規約にチェック

ページを開くと、規約が書いてあります。

下の方に「読みました」のチェックする箇所があるので、チェックをしたらその下をクリックしましょう。

スクリーンショット 2016-06-03 15.10.27

提出書類リストにチェック

無犯罪証明書の発行に必要な提出書類リストが表示されます。

スクリーンショット 2016-06-03 15.13.33

ここに記載してある書類には、それぞれポイントがついていて、合計100ポイント以上になるように書類を提出する必要があります。

また、「Primary Documents」から必ずひとつ提出する必要があります。

まずは、「パスポート」を選択すれば良いでしょう。(これで70ポイント獲得)

スクリーンショット 2016-06-03 15.12.06

(参考までに、日本語に翻訳されたバージョンも載せておきます)

スクリーンショット 2016-06-01 5.06.34

続いて、「Secondary Documents」からの選択です。

もちろん任意ですが、提出しやすい書類は「クレジットカードまたは口座のカード」「銀行取引明細書」の2点ではないでしょうか。(この2つで50ポイント獲得)

スクリーンショット 2016-06-03 15.16.25

(日本語に翻訳されたバージョンだとこちらです)

スクリーンショット 2016-06-01 5.12.52

このとき、すでにオーストラリアの銀行口座を閉じてしまった人は、オーストラリアの銀行から日本の銀行へ送金した際の明細書などでも大丈夫のようです。(友人はそれで取得出来ていました)

ただ、それは最終手段で、なるべくここにある中から選ぶようにした方が確実です。

チェックをした後、下にスクロールしていくとポイントが表示されています。

100点以上になっていることを確認してください。

スクリーンショット 2016-06-03 15.28.32

後ほど、ここで選択した書類をスキャンし、アップロードする必要があるので、その準備が出来たらチェックし、「次へ」に進みましょう。

参考 

ここでお近くにスキャナーがない方におすすめ!!

わたしはスマホで、こちらのアプリを使ってスキャンしました。

スクリーンショット 2016-06-03 14.21.19

このアプリをダウンロードし、カメラ機能を使って書類の写真を撮影。

それをJPG/PDF/.txtテキストとして保存(今回はPDFで保存しましょう)し、メールで自分宛てに送信。

自分のメールを開き、画像をダウンロードして保存。

それでアップロードする準備は完了です(*^o^*)(簡単です!!!)

無料なので、良かったら使ってみてくださいね♪

情報入力

次に、あなたの情報を入力していきます。

最後の欄に、無犯罪証明書を発行する目的を選択する箇所があります。

今回はカナダへのワーホリビザ申請のためなので、35番を選択します。

間違えると他の書類が発行されてしまう可能性があるので要注意!!!

以下のように選択してください。

スクリーンショット 2016-06-01 6.42.13

拡大するとこんな感じです。

スクリーンショット 2016-06-03 15.34.57

(ちなみに日本語バージョンだとこうなります)

スクリーンショット 2016-06-03 15.33.31

書類のアップロード

次のページに進むと、いよいよ書類のアップロードです。

まずは、同意書のアップロードから。

図のように進めます。

スクリーンショット 2016-06-03 15.40.12

参考

プリントアウトは、データをUSBなどに入れてコンビニで行うことが出来ます。

署名をしたら、先ほどのアプリを使ってスキャンし、メールで自分の宛先に送り、ダウンロードすればアップロード用の書類が完成です。

(「スキャン出来ない場合は写真でも大丈夫」とも書いてありますが)

続いて、先ほど選択した書類をアップロードし、きちんと表示されているか確認しましょう。

郵送先入力

あとは、ご自分の情報を入力し、お支払いをすれば手続きは完了です。

書類は郵送で送られてくるので、確実に受け取れる住所を記入しましょう。

お支払い後、あなた専用のナンバーが発行された通知が来ます。

書類が届かないなど、問題が発生した場合のためにきちんとメモなどで保管しておきましょう。

スクリーンショット 2016-06-03 16.07.30

追加でメールが来ることも

あとは、基本的に無犯罪証明書が届くのを待てば良いのですが、稀に書類の再提出を求められる場合もあります。

その場合は、AFPのメールアドレスから担当の人から個人的にメールが来るので、見逃さないようにしましょう。

カナダワーホリビザ申請に関しては、こちらを参考にどうぞ♪

2017年度カナダワーキングホリデービザ申請方法
なんだかんだギリギリになってしまいましたが、ついにカナダへのInvitation Letterへお返事しましたー!!! お返事したら提...

他の追加書類に関しては、こちらを参考に。

2017年カナダワーホリビザ追加書類【IMM5257B_1セクション8】作成・提出の手順
2017年1月8日に31歳のバースデーを迎え、ついにワーホリ申請が出来ない年齢となりました。(オーストラリアへのワーホリは35歳まで申請...
無犯罪証明書(Police Check)の取得方法ーカナダワーホリビザ申請(追加書類)
この記事をお届けした
ひろたびの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

役に立ったからシェア♪

気になったからフォロー♪

トップへ戻る