ワーホリ最初の国はどう選ぶ?2ケ国目ワーホリ中のわたしが思う後悔しない選び方

s_IMG_6746

これからワーホリをしようと考えている方から、このようなご質問をいただきました。

なぜ、最初のワーホリ先としてオーストラリアを選んだのですか?

確かに、わたしたち日本人がワーホリ出来る国は現在たくさんあります。

が、わたしは迷うことなくオーストラリアを選びました(*^^*)

せっかくなので、その理由をシェアさせていただきたいと思います。

スポンサーリンク

わたしがオーストラリアを選んだ理由

①温暖な気候とキレイな海!!!

わたしは、昔から温暖な気候の中で、キレイな海で泳ぐことが大好きです。

そのため、海外で働くなら絶対に温暖な気候で、キレイな海があるところ!!!と決めていました。

ワーホリが出来る国の中で、温暖な気候且つ一年中海に入れる国というのは、オーストラリアしかありません(2017年現在も同じ)。

わたしがオーストラリアを選んだ一番の理由は、それでした( *´ ▽ `* )

②大自然と野生動物!!!

オーストラリアの国土面積は広く、砂漠や森林など、自然もたくさん残っています。

日本では決して見ることの出来ない野生動物もたくさん生息しています。

わたしは、都会よりも田舎が好きで、自然が大好きです。

また、動物も大好きなので、野生動物を見たくて見たくて仕方ありませんでした(*^^*)

そのため、大自然が豊かで、たくさん野生動物の暮らすオーストラリアを選びました。

③ファームをすればもう1年いられるチャンスGET!!!

オーストラリアでは、ファームジョブ(農家や工場など)で決められた日数働けば、もう1年間滞在するチャンスを得ます(セカンドビザが申請出来ます)。

ニュージーランドにも同じ制度がありますが、ニュージーランドの場合は、延長出来るのはたった3ケ月と短く・・・( ´θ`)←1年に延ばしてもらえないかな〜と願い中です(*´ε`* )

出来るだけ長く海外で働きたいと考えていたわたしは、絶対にこの制度を利用しよう!!!と決めていました。

そのため、この制度があるオーストラリアに渡航しようと決めました!!!

これが、二番目の大きな理由です(*^^*)

*イギリスのワーホリビザは始めから2年間滞在出来るビザなのですが、雨や曇りが多い気候、差別がひどいなどと実際に行った人から聞いていたので、視野には入れていませんでした・・・

実際に行ったわけではないので、本当のところはわかりません。

もしかしたら、ものすごく親日で、住みやすい国なのかもしれません(*^^*)

④移民の国・親日文化

ワーホリが出来る国の中で、差別が激しいと言われている国もあります。

オーストラリアは、移民の国なので、多国籍の人々が共に生活をしている分、差別は少ない(むしろ、ない)ということを聞いていました。

また、日本と姉妹校を結んでいる学校が多く、親日だということもあり、現地の人と仲良くなりやすいかな〜と考え、オーストラリアを選んだのも理由のひとつです。

ワーホリ最初の国の選び方

読んでいただいてもわかりますように、わたしにとってはワーホリ=オーストラリアという感じで、オーストラリアしか頭になかったので、他の国と迷ったりはしませんでした。

そのため、現在どこの国に最初に行こうか迷われている方に対して、良いアドバイスが出来るかはわかりませんが、わたしが現在2ケ国目のワーホリ・カナダを体験しつつ、感じることを書きたいと思います。

英語環境で迷っているなら

もし、あなたが、英語環境でどこの国に行くか迷っているのだとしたら、はっきり言ってどこに行っても同じとアドバイスさせてください。

というのも、実際に来てみるとわかるのですが、どこへ行ってもたくさんのアジア人、日本人がいます。

そこで英語力を伸ばせるかどうかは、まさに自分が身を置く環境次第で大きく変わってくるのです。

オーストラリアはなまっているから・・・というけれど

よく、オーストラリアの英語はなまっているし、行っても勉強にならないのでは?と聞かれます。

確かに、東北(ケアンズやゴールドコースト)地域はなまっていましたが、東南(ブリスベン)から南、西側全域はそこまでなまっているとは感じませんでした(特にタスマニア)。

また、たとえなまっている英語でも、それが聞き取れるようになると、そのあとどんな英語も聞き取れるようになるので、こわいものなしです(*^^*)♪

そして、絶対になまっている英語が自分に移ることはありません(そこまで耳がよければ、それはそれでものすごいことですが)。

そのため、オーストリアの英語はなまっているから・・・という理由で、オーストラリアをワーホリ先から外すのはおすすめしません。

もったいないです(*^^*)

ワーホリで英語を学ぶのは地元民からだけじゃない

これは、自信を持っていえますが、ワーホリで英語がのばせるかどうかは、一緒にいる友達次第ということす。

わたしはオーストラリアワーホリ中、敢えて日本人の少ない地域を選んで住んでいました。

もちろん、全くいない地域なんてありませんので、出来るだけ少ないところを吟味して移っていました。w

その甲斐あって、いろいろな国籍の友人が出来ました(*^^*)

中でも、台湾とドイツの友人が多いです♪

台湾では、日本人が苦手とする「R」の発音がすでに母国語であるので、英語を発音するととてもキレイですし、上手です。

ドイツ人の話す英語は、日本人が学校で習ってきた文法をそのまま話してくれているような感じがするほどわかりやすいので、わたしは彼らと話すことで英語がのびました。

このように、その国ごとの英語がどうとかはあまり関係ありません。

自分がどれだけ他の国籍の友人を作るか、英語を話す環境に身を置くか、これに100%注いだほうが英語力はのびます。

自分の直感を信じて!!!

わたしが自信を持っていえること・・・

それは、自分が「ここだ!!!」と思った国に住むのが一番だということです。

わたしのように、温暖な気候・自然・海が大好きだからオーストラリア!!!というように、きっとあなたにも自分が「ピン!!!」と来た国がきっとあるはず。

そうしたら、絶対にそこに行くことをおすすめします(*^^*)

行ってみて、「ん〜やっぱり違うかも」と思うかもしれませんし、そのあと滞在しているうちに、好きになるかもしれません(住めば都と言いますし・・・)。

どちらにせよ、自分が好きな国、気になっている国、行きたい国があるのに諦めてしまったら、絶対に絶対に後悔します

「行きたい!!!」「どうしてかわからないけど気になる!!!」と思える国がひとつでもあったなら、絶対にそこへ行ってください。

言葉やおうち探し、仕事探しは後からどうにでもなります。w←経験者(^∀^;

自分の直感に従って動くと、必ず良いことがあるものなんですよね〜不思議と(*^^*)♪

現在テロが頻繁にあって危ない地域などは除き誰がなんと言おうと、行きたいと思っている国に行くこと。

これは、わたしが心からアドバイスしたいことです。

行きたいところへ行って、やりたいことをやろう!!!

これは、わたしがこの「ひろたび」のスローガンとして掲げている言葉でもありますし、わたし自身が自分に言い聞かせている言葉でもあります。

人生は一度きり!!!

本当に、時間はあっという間に過ぎていきます。

まったく後悔のない人生なんて無理ですが、後悔は極力少なくしたいものですよね♪

さぁ、あなたの行きたい国はどこですか?

見付かったら、その国について徹底的に調べ始めましょう(*^^*)

あなたにとって、素敵なワーホリの国が見付かりますように☆★☆

ワーホリ最初の国はどう選ぶ?2ケ国目ワーホリ中のわたしが思う後悔しない選び方
この記事をお届けした
ひろたびの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

役に立ったからシェア♪

気になったからフォロー♪

トップへ戻る