カナダのワーキングホリデービザを申請するときに必要な書類(2017)

office-614213_960_720

2016年から、カナダへのワーホリビザ取得方法は抽選方式に変わりました。

ワーホリを希望する場合、まずは応募から行いましょう。

カナダへワーホリ行きたい人はとりあえず応募が先!必要書類準備して当選するのを待ちましょう
毎年、カナダへワーキングホリデー(今後はワーホリと表現します)をしたいという方は非常に多く、日本でも人気のビザのひとつとなっています。アメリ...

応募が完了したら、当選して招待状が届くまでの間に、申請に必要な書類を準備しておくことをおすすめします。

招待状が届いたら、10日以内にワーホリに参加するかしないかの返事、返事をした20以内に必要書類を提出する必要があるからです。

先に準備しておくと、心に余裕が持てますよ♪

スポンサーリンク

カナダワーホリビザ申請書類

提出を求められる書類はこちら、

  • 証明写真
  • パスポートのコピー
  • 家族構成フォーム
  • 英文でのレジュメ(履歴書)
  • その他、追加書類(該当者のみ)

*今まで必要とされていた残高証明は不要になりました!!

証明写真

規定に基づいた写真を用意します。

  • サイズ:3.5mm×4.5mm
  • 写真の中の顔の大きさ:31mmから36mm
  • ビザを申請する日から遡って6カ月以内に撮影したもの
  • 白黒・カラーどちらも可(カラーのが望ましい)
  • 背景は白か薄い色
  • 修正は不可
  • 口は閉じて、普通の顔で撮影(笑顔などは不可)
  • きちんと正面を向いて顔を真ん中に、肩まで写っていること
  • 頭のてっぺんまで見えるように撮影すること
  • 宗教上の理由などで髪の毛を覆っても良いが、顔は全部出すこと
  • はっきりと目が見えるように撮影すること(伊達眼鏡やサングラスは不可、処方されたメガネは掛けても可、ただし目は隠れないようにすること)
  • 髪飾りやアクセサリーはしても可、ただし写真に写る人の外見を邪魔しない程度にすること

申請の際は、スキャンしてアップロードします。

スマホで撮影したものをアップロードしてもOKです(*^o^*)

パスポートのコピー

  • カナダへ訪れたことがない人 : 写真のページのみ
  • カナダへ訪れたことがある人、現時点でカナダにいる人 : 写真のページ + カナダ入国のスタンプがあるページ全部

をスキャンしてアップロードします。

家族構成フォーム

これは、「IMM5707E」というカナダ移民局指定のフォームに記入して提出します。

こちらを開き、一度保存してから記入を始めましょう。

IMM5707E 記入例 

英文のレジュメ(履歴書)

どのような経歴の人がワーホリに参加するのかを見るための判断基準となります。

職歴・学歴を記載しましょう。

日本とは逆で、最も新しい職歴から記入しましょう。

資格があれば、その資格も書いてOKです。

テンプレートは、「英文・履歴書・テンプレート」などで検索すると無料でたくさん出てくるので、お好きなものをダウンロードして使用しましょう。

<サンプル>

スクリーンショット 2016-06-01 3.34.34

残高証明

2016年4月から、残高証明は提出不要となりました。

ただ、申請の条件には「日本円で25万円を保有していること」とあります。

資金には余裕を持って参加しましょう。

ここまでが、通常求められる書類です。

追加の書類

人によっては、追加の書類の提出を求められる可能性があります。

無犯罪証明書(Police Check)

過去5年以内に、カナダの定める国以外の国に1年以上滞在した際、必要となる可能性が高い書類です。

これが間に合わず、ビザが取得出来ないなんてこともあるので、該当する人は早めに取得しておきましょう。

滞在国によって取得方法が異なると思うので、確認が必要です。

オーストラリアの場合は、こちらを参考にしてください。

無犯罪証明書(Police Check)の取得方法ーカナダワーホリビザ申請(追加書類)
カナダへのワーホリビザを申請するにあたり、過去5年以内に市民権を持っている国以外の国に半年以上滞在したことがある場合、カナダ移民局から追...

交通違反証明書

オーストラリアでクイーンズランド州・ビクトリア州に滞在していた人は、交通違反についての書類が求められる可能性があります。

  • クイーンズランド州Traffic History
  • ビクトリア州Licence History Search

滞在中、オーストラリアで免許を持っていた・いない/運転した・していないに関係なく、求められたら提出しなければなりません。

詳しくは、こちらをご参照ください。

How to Get a Police Certificate – Australia

健康診断

過去に6カ月以上特定の国に滞在していた人は、健康診断が求められる可能性があります。

健康診断が必要な国をチェック

指定の病院を検索する

詳しくはこちらをご参照ください。

Medical exam requirements for temporary residents (visitors, students and workers)

アンケート

現在中国に滞在している方は、こちらの提出も求められます。

学歴・職歴・簡単なアンケートに答えるものです。

General Education and Enployment Form

書類の準備は余裕を持って

以上が、(2016年6月現在)提出が必要とされている書類となります。

多く求められると揃えるのが大変なので、早めに準備しておきましょう!!!

特に、自分で揃えることの出来ない無犯罪証明書などは、各国から郵送で届くため、招待状が来てから申請すると間に合わない可能性が非常に高いです。

取り寄せるのに42ドルかかるので、「招待状が来ていないのに払うなんてもったいない・・・」と思うかもしれませんが、カナダへのワーホリビザを確実に取得したいのなら、捨てる覚悟で取得することをおすすめします。(わたしも招待状待っている間に取得しました)

書類さえ準備しておけば、あとは招待状が来るのを待つだけ♪

良いタイミングで来ると良いですね( ´▽`)

カナダのワーキングホリデービザを申請するときに必要な書類(2017)
この記事をお届けした
ひろたびの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

役に立ったからシェア♪

気になったからフォロー♪

トップへ戻る