カナダへワーホリ!到着後にやらなければいけない・やった方がよい大事なお手続きまとめ

travel-778338_960_720

カナダへワーホリ目的で渡航する場合、到着してからやらなければいけないこと・やったほうが良いことが幾つかあります。

到着してからあたふたしないよう、自分への予習も兼ねてここに記しておきたいと思います。

スポンサーリンク

カナダワーホリ!到着したらまずこれをやる

Work Permit(就労許可証)を取得:入国した空港にて

日本にいるときに、カナダ移民局から送られてきた通知は、ただの「承認通知」です。

それを、本物のビザ(Work Permit/就労許可証)に変える必要があります。

これがないと、ワーホリとして入国することが出来ません。

とっても大切なことなので、忘れないようにしましょう。

取得方法

まず、空港へ到着すると、入国審査があります。

その際、何の目的でカナダへ来たかを聞かれるので、正直にワーホリと答えます。

そうすると、審査官から、空港内にある移民局(イミグレーション)へ行くよう指示されます。

そこで、パスポート承認通知を提出します。

次のような質問がされますので、答えましょう。

  • 今までカナダへ来たことがあるか?
  • どのくらい滞在する予定か?
  • お仕事は決まっているか?

★このとき、もしもワーホリで1年、その後観光ビザに切り替えてもう半年いたいと思っていても、ここでは絶対に1年以内と答えるようにしましょう。

★仮にお仕事が決まっていても、決まっていないと答えましょう。

ここで問題がなければ、この場でワークビザが発行されます。

SINを取得:直接オフィスに出向き申請書を提出

SINとは、Social Insurance Numberの略で、9桁のカナダでの社会保険番号となります。

カナダで就業してお給料を得たいなら、この番号は必須となります。

雇用主がお給料を支払う際に必要な番号なので、これがないと雇ってはもらえますが、お給料を払ってもらえません。w

雇用主は、この番号を雇用してから3日以内に聞かないといけないと決められているので、就業が決まり次第すぐに雇用主から聞かれます。

そのときにすぐに答えられるよう、到着後すぐに取得しておくことをおすすめします。

初めて申請する場合、手数料は無料ですが、紛失した場合など、再発行に10ドル掛かります。

取得方法(定住の住所が必須です)

まず、申請書をダウンロード。

Web Experience Toolkit (WET) includes reusable components for building and maintaining innovative Web sites that are accessible, usable, and interoperable. Thes...

必要事項を記入したら、以下の持ち物と一緒にして、オフィスへ向かいます。

  • パスポート
  • 入国審査時に受け取った就労許可証

バンクーバーの場合、オフィスはダウンタウンにあるシンクライアセンター(Sinclair Center)の中にあるサービスカナダセンター(Servise Canada Centre)となります。

★住所はこちら

Sinclair Centre, Suite 415

757 Hastings Street West, Vancouver, British Columbia,V6C 1A1

(Hastings Street上、Howe StreetとGranville Streetの間、Waterfront駅からも直接センター内に入れます)

オフィスでの申請手順は、こちらのサイト様に詳しく載っておりましたので、参考にさせていただきます。

SIN (Social Insurance Number)とは? 働けるビザ(ワーホリビザ)を持っている方でカナダ国内で仕事をするには、SIN(Social Insurance

SINは、申請したその場ですぐに発行してもらえるので、紛失しないよう大切に保管しておきましょう。

定住先を決める

はじめは、ホテルやゲストハウスにステイするのもアリですが、銀行口座を開設するにあたり、定住先の住所が必要となります。

渡航してすぐにホームステイをする場合や寮に入る場合はそちらの住所で問題ありませんが、ゲストハウスなどのホステルの住所だと、銀行口座は開設出来ません。

そのため、早めにシェアハウスに移るなど、定住先を決めましょう。

銀行口座を開設(定住先の住所が必須です)

カナダで就業するなら、カナダ国内の銀行口座を開設しましょう。

就業先に伝えるお給料のお支払先にもなりますので、この作業はとっても大切です。

どこの銀行を選ぶかは個人の自由ですが、銀行や口座の種類によって維持費や引き落とし手数料に差があるので、よ〜く調べてから開設すると良いでしょう。

現地に行ってから、慣れている人にオススメの銀行を聞いてみるのもひとつの方法です。

在留届の提出

これは義務となってはいますが、最終的には登録するかしないかは自己判断となります。

ただ、登録しておくと、カナダで万が一事件や事故に巻き込まれたとき、日本国大使館や総領事館が在留届をもとに所在地や緊急連絡先を確認し、援護してくれます。

登録は、ネットで簡単に出来ますので、こちらからどうぞ!

もちろん、直接カナダ国内の大使館や領事館に足を運んでも登録出来ます。

やるべきことをしっかり把握!すぐにやろう

渡航前にすべきことを知っておくと、安心ですし、到着後すぐに動けます。

入国するうえで、働くうえで「知らなかった〜!!」じゃ済まないことも多々ありますので、するべきお手続きをしっかり把握し、なるべくすぐに実行に移しましょう。

先に済ませてしまえば、あとは安心してワーホリ生活を送ることが出来ます。

カナダへワーホリ!到着後にやらなければいけない・やった方がよい大事なお手続きまとめ
この記事をお届けした
ひろたびの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

役に立ったからシェア♪

気になったからフォロー♪

トップへ戻る