カナダに来たら!国立公園内にある小さな街・ロッキー山脈の麓の街、バンフへ

s_P3280070

カルガリーから車で約1時間半、グレイハウンドのバスだと約2時間半で辿り着く街、バンフ。

都市部とはまったく違った景色が、そこにはあります。

スポンサーリンク

ロッキー山脈の麓の街、バンフ

バンフは、バンフ国立公園の中にある街で、どこへ行くにも歩いて行けてしまう、本当に小さな街です。

街の中には、図書館やポストオフィス(郵便局)、銀行やスーパーマーケットなど、生活に必要な施設は一通り揃っています(銀行は、CIBCとBMOしかありませんが・・・)。

バンフの中にある最大のスーパー、IGA

バンフの中にある最大のスーパーマーケット、IGA

バンフの中で唯一24時間営業のマックは、Wifiも飛んでいるので、待ち合わせ場所としても利用されています。

24h営業のマクドナルド

24h営業のマクドナルド

映画館やクラブなど、若者向けの施設もありますが、街のほとんどが観光客向けのホテルやお土産屋さん、飲食店で構成されています。

s_P3270046

バンフの街の入り口から、ホテルがズラッと並んでいます。

s_P3270043

スクリーンショット 2017-04-09 15.09.06

お土産屋さんもズラリ。

スクリーンショット 2017-04-09 16.20.39

休日は、各地から訪れる観光客で賑わいます。

こじんまりとしていますが、見てまわるにはちょうどいいサイズ、且つ楽しい街です。

グレイハウンドのバスターミナル

グレイハウンドで来た場合、バスが到着するのがここです。

s_P3270018

天候が悪いと最悪ですが、晴れていると綺麗な景色が見えて感動します!!!

★住所:BANFF BUS DEPOT 327 RAILWAY AVE BANFF AB T1L1A9

中にインフォメーションセンターがあるので、そこで街中を走るバスの時刻表と、街の地図をもらっておくと便利です。

s_P3270019

街中を走るバス、Roam

バンフの街中を走っているバスで、至るところにバス停があります。

s_P3270033

ルートが色分けされているので、初めて来た人でもわかりやすいです。

1回の乗車につき2ドル掛かるので、おつりが出ないよう、コインを用意してから乗りましょう。

s_P3270034

うっかり!コインがない場合

バス乗車時、コインがなく、お札しかない場合は、持っているお札を運転手さんに渡し、おつりの代わりに発行される紙と引き換え券を受け取りましょう。

この紙を街の中にある特定のお土産屋さんに持っていくと、おつりと替えてもらうことが出来ます。

紙には、日本語での説明も載っていますし、おつりと替えてくれるお土産屋さんの中には、日本人経営のお土産屋さんも含まれておりますので、英語が苦手な方でも安心です♪

ワーホリ・個人旅行者におすすめのホテル、YWCA

バンフは、言わずと知れた観光地なので、ホテルは値段の高いところばかり・・・

唯一比較的安めで、清潔なホテルはここです。

s_P3270067

お部屋のタイプによって値段は変わりますが、他のホテルに比べたら格段と安いので、長期で滞在を考えている方や、個人旅行者にはおすすめのホテルです。

お部屋の値段をチェック♪

チェックインは15:00からですが、荷物を預かってもらえるので、朝に到着したら荷物を預けて、そのまま街を散策出来ます(ここから街までは、歩いて約5分ほどで行けます)。

s_P3270026

荷物を預けるところは地下になるので、そこまで自分で運ぶ必要がありますが、チップを払えばスタッフが手伝ってくれる可能性もあります。

一度は泊まってみたい!!まるでお城、Banff Springs Hotel 

地元の人から、「Castle」(お城)と呼ばれているこのホテル。

s_P3300139

YWCAから10分ほど歩くと見えてくるこのホテルは、近付くにつれその大きさに驚かされます。

街の喧騒から離れたところに位置し、バンフ最古のホテルとしてものすごい存在感を放っているこのホテルは、国内・海外問わず、宿泊先として大人気です。

s_P3300125

ホテルの敷地内は非常に広く、高級ブティックが連なるお土産エリアや、

s_P3300131

山の景色を見渡すことの出来るView Pointまであります。

s_P3300127

ホテルの中は高級感に溢れていて、ロビーは広く、

スクリーンショット 2017-04-15 15.10.02

本当にお城の中のような雰囲気が漂っています。

s_P3300137

レストランも幾つか入っており、「侍」という名前の日本食レストランもあります。

s_P3300138

地元の方も、大切な人との記念日に利用するそう。

わたしもいつか、大切な人と泊まってみたい!!と思えるホテルです。

サプライス!で値段をチェック♪

エクスペディアで値段をチェック♪

JTBで値段をチェック♪

HISで値段をチェック♪

DeNAで値段をチェック♪

宿泊しなくても、外から見るだけでも思い出に残るので、バンフへ来たら是非一度訪れてみてください♪

s_P3300126

橋から眺めるボウ川が絶景!!!

YWCAから街へ行くときに渡る橋、ボウリバーブリッジ。

s_P3270032

ボウというのは「弓」という意味で、昔この川のほとりに生えている木で弓矢を作ったことから、この名前がついたそうです。

s_P3270054

この橋の上から見えるボウ川とロッキー山脈のコラボがたまらなく綺麗なんです!!!

橋を渡れば、すぐ街になります。

s_P3270055

早朝。とても寒いですが、空気が澄んでいて最高!!!一気に目が覚めます。笑

s_P3270062

日中。晴れていると、山の頂上まで綺麗に見えますし、川がキラキラしていて最高の景色が楽しめます。

s_P3300107

夕方。バンフは日が長いので、夜の8:00くらいまでずっとこの景色が楽しめます。晴れている日の夕暮れは最高!!!

s_P3300109

橋の真ん中からの景色。遠くまで見渡せて、本当に綺麗です!!!

時間帯や天気によって、まったく違った景色が楽しめます。

橋の下はお散歩コースになっていて、ところどころにベンチが置かれているので、綺麗な景色を見ながらゆったりリラックス出来ます。

s_P4050156

ここでランチを食べるのがおすすめです♪最高の贅沢!!!

バンフの街周辺にはたくさんの観光地が!!!

バンフの街は、国立公園内にあるので、周辺にはたくさんの観光地があります。

車を持っているなら車で、なければレンタカーでまわるのが一般的ですが、カナダの道路は日本と逆なので、運転に不安がある場合は、ツアーに参加しましょう。

ツアーでしか行けない場所もあるので、せっかくならツアーに参加して、安心・安全にバンフを満喫することをおすすめします。

JTBでバンフツアーをチェック♪

HISでバンフツアーをチェック♪

DeNAトラベルでバンフツアーをチェック♪

エクスペディアでバンフツアーをチェック♪

カナダ150周年!国立公園を楽しみましょう

日本ではあまり知られていませんが、2017年はカナダが誕生して150周年という記念すべき年。

そのため、カナダ中の国立公園がすべて入場料無料となります。

この機に、一度はバンフを訪れてみてはいかがでしょう?

きっと、素敵な思い出に残ること間違いなしです♪

カナダに来たら!国立公園内にある小さな街・ロッキー山脈の麓の街、バンフへ
この記事をお届けした
ひろたびの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

役に立ったからシェア♪

気になったからフォロー♪

トップへ戻る