ワーホリ!カナダで銀行口座を開くならどこの銀行がおすすめ?銀行口座開設の流れ

s_P3190273

カナダに来て10日目、ようやく自分名義の銀行口座を開きました。

どこの銀行にするか迷い、いろいろ聞いてまわった結果、結局ここに決めました(*^^*)♪

スポンサーリンク

TD Bank(Canada Trust)

s_P3190271

わたしがこの銀行に決めた理由は3つ。

理由①口座維持費が6ケ月間無料(ワーホリ向けプランがある)

カナダで口座を開くと、どの銀行でも口座維持費が引かれます。

(口座維持費が無料の銀行はないかな〜と探してみましたが、ありませんでした^^;)

どの銀行も、大体同じくらいの維持費が掛かりますが、TD Bankはカナダに来て間もない人のためのプランがあって、口座持費が年間無料となります。

半年後、口座に幾ら入っているかで引かれる手数料が決まるので、もしも高い手数料を払わなくてはいけない場合、解約もありですし、低い手数料のプランに変更することが出来ます。

理由②カナダ中に支店・ATMがある

銀行によっては、その州にしか支店がない銀行もあり、そういうところは人を集めるために、いろいろなサービスを行なっています。

わたしの住むアルバータ州でも、ATBという州限定の銀行があり、そこで新規加入した人には、3ケ月後に現金プレゼント!!というサービスが始まっていました(幾つか条件はありますが)。

ずっとその州に住むなら良いかもしれませんが、移動する場合、いろいろと不便です。

支店がなければ、困ったときにお店に行くことも出来ませんし、お金をおろす場合、ATB以外のATMでおろすと、その分手数料が取られます。

いろいろな意味で不便だと感じたので、わたしはそこで口座を作るのはやめました(正直、現金ゲットには惹かれましたけどね^^)。

TD Bankは、カナダ中に支店・ATMがあるので、困ったときに直接聞きに行けるので便利ですし、ATMでお金をおろした際に手数料が掛からないのでお得です。

③土日も営業!!!

残業・土日働くなんてありえない!!!って感じのカナダでそんなことあるの?!と思いましたが、TD Bankは土日も営業しています。

平日、忙しくて銀行に行けなくても安心です♪

銀行口座開設の流れ

必要なもの

  • パスポート
  • Work Permit(移民局からもらったワーホリビザ)
  • 住所(ゲストハウスの住所はNGです。定住先の住所)
  • 電話番号(あればでOK)

直接店舗へ行く

最寄りの支店へ出向き、受付(窓口)で銀行口座を開きたいと伝えます。

予約をしているか聞かれるので、していないと答えます。

すると、口座開設担当者ですぐに対応出来る人がいるか確認してくれます。

いれば、その場で口座開設担当者のところへ案内されます。

いなければ、予約を取ってくれます。

別室に通される

口座開設は、別室にて担当者とふたりだけで行います。

プランを知りたければ、そこでプランを聞きましょう。

プランが決まっている人は、プラン名を告げましょう。

必要なものを提示・質問に答えて行く

パスポート、Work Permitの提示を求められるので、提示します。

そのあとは、住所や電話番号を聞かれるので、答えていきましょう。

説明を聞き、サインをする

自分の希望するプラン通りか確認し、サインをします。

わからないことがあれば、きちんと聞きましょう。

カードGET・暗証番号設定

カードが手に入ります。

窓口にて、担当者と共に暗唱番号の設定を行います。

(もちろん担当者は見てません)

インターネットバンキングの設定

オンラインでいろいろと設定出来るほうが便利なので、インターネットバンキングのやり方を聞きましょう。

今までに使用したことがある方なら、設定は簡単です。

早めに開設しよう

お仕事をした際、大事なお給料の振込先となるため、自分名義の銀行口座は必須です。

お仕事が決まってからでも遅くはありませんが、どこの銀行で開くか決まっている場合は、渡航してからすぐに開いちゃいましょう(・∀・)

ワーホリ!カナダで銀行口座を開くならどこの銀行がおすすめ?銀行口座開設の流れ
この記事をお届けした
ひろたびの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

役に立ったからシェア♪

気になったからフォロー♪

トップへ戻る